ワーホリ仕事情報

【ランキング付】ニュージーランドの主なフルーツのピッキングシーズン、時期はいつ?

僕らはニュージーランドに滞在していた1年の間、約7ヶ月間を色々なファームで過ごしました。

ピッキングをしたのは2ヶ月間と長くありませんが、そこで出会った色々な国の友達から情報を入手し、ニュージーランドで人気、主なフルーツのピッキングの時期はだいたい理解しました。今回はそれらを

  • 給料
  • 時期
  • 主な場所
  • 身体的辛さ

と4つの観点から評価し、独断と偏見でランキングをつけていきたいと思います。(5段階評価)

出場フルーツ紹介

  1. キウイ
  2. アップル
  3. ブルーベリー
  4. マンダリン(みかん)
  5. チェリー

ランク外

惜しくもランク外になってしまったフルーツたちを紹介。

アップル

  • 給料:☆
  • 時期:2月中旬〜4月下旬
  • 主な地域:ホークスベイ(ヘイスティングス、ネイピアなど)
  • 身体的辛さ:☆
  • おすすめ度:☆

僕らが経験したファームジョブで1番辛かったものがアップルです。

理由としては僕らがピッキングしていた時期が早すぎてまだフルーツが熟していなく、全く稼ぐことができませんでした。

歩合給のノルマには程遠く最低時給で働いていました。

そして大きなバックを持ってはしごを登らなくてはいけないので、彼女にはかなり辛いものでした。

その後に出会った日本人女性の方はシーズン真っ只中で、最低時給以上稼げたらしいので僕らもそのころにやっていたらまた違った順位にいたのかもしれません。

とりあえず今回はダントツでドベです。

マンダリン(みかん)

  • 給料:☆☆
  • 時期:??
  • 主な地域:ホークスベイ
  • 身体的辛さ:☆☆
  • おすすめ度:☆☆

これに関しては申し訳ございません、情報が少なく詳しくわかりません。

アップルピッキングをしていた時のホステルに一緒に住んでいた人がやっていましたが、あまり仲良くなくて…

調べた結果、アップルの少し簡単版かなあと思います。

高いところははしごを使わなくてはいけませんが、使っているバックがアップルよりも小さく、比較的楽だと思います。

ただその方も稼ぐのは厳しいと書いていたので、給料面は期待できないかもしれませんね。

トップ3

ブルーベリー
給料
時期 1月〜4月
主な地域 ホークスベイ
身体的辛さ
おすすめ度
僕がヘイスティングスでアップルをやっていた時に、一緒に住んでいたアップルピッカーがこぞってブルーベリーピッカーに転職していました。
その人気の理由が「出勤、退勤時間が自由」ということ。
友達が働いていたファームは6時〜18時ならいつでも出退勤可能でした。
給料面も悪くはなさそうです。
友達は2週目から時給20ドル超えていたので、少しやれば日給200ドルもいけそうですね。
使うバケツはかなり小さいもので(MAX1kg)女性でも簡単にできそうです。
そして仕事中はブルーベリー食べ放題。
うん、3位にはもったいないくらい好条件ですね。
かなりおすすめです。
キウイ
給料
時期 3月下旬〜6月上旬
主な地域 タウランガ、テプキ、オポティキ
身体的辛さ
おすすめ度
僕自身約4ヶ月働いたキウイが2位にランクイン。
ピッキングの給料は最低時給の140ドル(日給)の日もあれば、250ドルの日もあると安定感には欠けますが爆発力はさすが。
キウイの糖度をあげるにはキウイを寒い環境におく必要があり、2018年のような暖かい年だとピッキングのスタートが4月中旬くらいまで遅れます。
その分ピッキングが終わるのも遅くなると思いきや、6月までには取り切らないといけないのでかなり忙しくなります。
アップルと同じくらいのバックを使うので、満タンにするとかなりの重さ(約30kg)になるのでリタイアする女性も少なくありません。
ただ辛い分給料も悪くないので、今回は2位にさせていただきました。
チェリー
給料
時期 12月中旬〜2月上旬
主な地域 クロムウェル
身体的辛さ
おすすめ度

オーストラリアのタスマニアのチェリーピッキングで月1万ドル(100万円)稼げることから「タスマニアドリーム」とも呼ばれるチェリーピッキング。

実はニュージーランドでもかなり稼げます

僕の友達は1日で490ドル(4万円)も稼いだとか…

 

時期は12月〜となっていますが、かなり人気のため10月頃からインターネットで応募しないと仕事をゲットできないと言われています。

ただそれでもできないことが多いため、現地まで行って事務所を歩いて回るのが1番いい方法だと思います。

 

使うバックは5キロのものだと友達がいっていたので女性でも大丈夫そうです。

というわけでチェリーがダントツの1位!!

まとめ

ニュージーランドでのフルーツピッキングはだいたい歩合給です。

やればやれるだけ給料が増えるのはやりがいがあっていいですね。

遅くて全然できないとしても最低時給は必ずもらえるので、めげずに頑張りましょう!

ニュージーランドでファームステイするメリット5つワーキングホリデー(以下ワーホリ)にくる人のほとんどが英語を習得したいと思っていることでしょう。 そこで成長の障害になるのが他の日...

ブログ村ランキングに参加しています、応援クリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへにほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へにほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ