ワーホリ準備

【3ヶ国ワーホリ経験者が解決】留学、ワーホリにはバックパックorスーツケース?

Twitterでよく目にするのが

バックパックかスーツケース迷う。
バックパックだけでワーホリに行った人いますか?

などのカバンについての疑問。

僕はカナダへはスーツケースで。

ニュージーランド、オーストラリアへはバックパックでワーホリへ行きました。

両方を経験し、答えが出たのでシェアしていこうと思います。

※この記事はひたすらバックパックを褒める記事です

個人的にはバックパック一択

僕らの愛用バックパック

カナダにはどデカいスーツケースを持って行きましたが、その後バックパックに変えてからはもう元の生活には戻れません。それは何故なのか。何個か理由を述べていきます。

見た目が良い

旅人=パンッパンのバックパックというイメージありませんか?笑

実際背負ってみるとホントにその通りで、ふとした時にバックパック背負っている自分が鏡に映っていると「あー旅してるな〜」としみじみします。笑

しょうもないことに見えますが、意外と大事なんですよ。旅人になりきるって。

あと僕はヨーロッパの人と一緒にいる事が多いのですが、彼らはほぼ全員バックパックで来てるんですよね。

もうそれはスーツケース禁止令が出てるんじゃないか。と思うくらいに。そしてバックパック背負った彼らを見てるとやっぱりカッコいいな…となります。

まあ見た目のスペックがかなり違うのもあると思いますが。

機能性

ワーホリの世界では複数人で同じ部屋を使うルームシェアが当たり前です。

そこで他の人がいる中どデカいスーツケースを広げるなんて、気を使うわ、狭いわでストレスMAX。「あ、あれ取るの忘れた!!」とかなったらもう自殺級のウザさです。

その点バックパックは

  • 自分のベットの上で物がだせる
  • 場所を取らない
  • 寂しくなったら抱き枕にも最適

はい、神。

移動面

移動面でバックパックのいいところは地面のコンディションが関係ない事。石がたくさんあろうが、ぬかるんでいようが関係ありません。その状況でスーツケース持っていることを想像して下さい。ストレスストレス。

あとニュージーランドではキャンプをしながら旅することで宿泊費を抑える事ができますが、その点ではどうでしょう。

バックパックなら車の中で色々できますが、スーツケースは外に出て広げなければなりませんよね。雨が降っていたらもうおしまいです。

バックパックに向いていない人

ズバリ「荷物が入りきらない人」でしょう。そうなったらもう容量の大きいスーツケースを使うしかありません。

初めてのワーホリは荷物を多めに持っていきがちですが、30Lのバックパックだけで来る人もいるくらいです。(日帰り旅行か!!

そこは持っていきたい欲をグッと抑えて荷物を減らしましょう。

大きいバックパックは重くて持ち歩けなさそう…

そんな方には

背負っているのは65Lのバックパック

このような荷物軽減ベルト(正式名称不明)がついている物を選ぶといいと思います。

かなり痩せ型の彼女ですが、これがあれば大丈夫と言っているくらいすごい働きをしてくれます。65L(16kg)のバックパックを背負っても普通に歩けてるので。

まとめ

僕らはお互い断然バックパック派です。

また、あまりスーツケース派の意見を見た事がないので聞いてみたいですね。コメントお待ちしております。

ブログ村ランキングに参加しています、応援クリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへにほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へにほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ